コンテンツ

世界観

世界は大陸と深淵から形成されている…。
アルハ大陸は神の力が宿った「アウルム」と大陸の支配者「バルトル」が姿を消し、混乱に陥った。
その後、均衡が崩れた大陸は、地下に棲む深淵の軍団と名も知らぬ敵たちの攻撃により、疲弊してしまった。
そして、争いを治めるべく、大陸は新たな支配者を探している…。

アウルム

所有者に無限の力と命を約束するという宝。
アウルムを手にした者は、アルハ大陸の正当な支配者になれると言われている。
しかし、神の力が宿った宝は、所有者を神と対等な存在にする代わりに、
それに伴う犠牲を強いられる。

アルハ大陸

人間をはじめ、エルフやドワーフのような様々な種族が生息している地。
大陸の中央に帝国の領土があり、帝国の指導者「バルトル」は「アウルム」の持ち主として
アルハ大陸の支配者として君臨していた。
しかし、「バルトル」と「アウルム」が姿を消したことにより、アルハ大陸は混乱に陥る。
深淵が大きくなるにつれ、大陸の各勢力たちは支配者になるために大陸の中央に集まることとなる…。